日本に馴染みのあるiPhoneの進化について
iPhoneに関する豆知識をお届けしています。
Androidの台頭

iPhoneの一人勝ち状態が長らく続いていましたが、Android系のスマートフォンが徐々にシェアを広げ始めたのが2017年の後半から2018年にかけての事です。この頃になると、Android系のスマートフォンの中にもリーズナブルな物が増え始め、特にAndroid系のスマートフォンと格安SIMを合わせて販売している格安スマホを利用している方が一気に増え始めました。

また、2018年という年は、本当にクオリティの高いAndroid系のスマートフォンが多く発表された一年でした。2018年の顔となったシャープのAQUOS R2やHUAWEIのHUAWEI P20 Pro HW-01K、サムスン電子のGalaxy Note9、GoogleのPixel 3やPixel 3 XL、OPPOのOPPO Find Xなどの台頭によって、iPhone XSやiPhone XRなどは苦戦を強いられた形になります。

特にAndroid系のスマートフォンは、大画面化が進み、カメラのクオリティが大きく進化したこともあり、iPhoneと遜色なくなってきました。Android系のスマートフォンは、格安なモデルからハイスペックなモデルまで、色々な価格帯から選ぶ事ができますので、多くのユーザーが買い求める結果に繋がりました。