日本に馴染みのあるiPhoneの進化について
iPhoneに関する豆知識をお届けしています。
iPhone人気に陰り

世界中でiPhoneが大人気であったのは、すでに過去のものになりつつあります。少し前でしたらAppleとSamsungの対決のような様相でしたが、HUAWEIがAppleを抜き、さらに創業10年目の比較的若いXiaomiもAppleを抜いてトップ3にランクインしました。ここまでiPhoneのシェア率が低下し、Android系のスマートフォンが躍進したのは、Android系のスマートフォンにiPhoneには無い魅力があったからです。

最も大きな違いとなるのが、スマートフォン本体の価格帯です。iPhoneが徐々に高級路線に舵を切ってきたために、最新モデルでは、消費税を入れると170,000円オーバーになっているのに対し、Android系のスマートフォンでは、非常にリーズナブルなモデルが乱立しております。その為、コストパフォーマンスの面でiPhoneが劣ってしまっているのです。

また、iPhoneとは違いAndroid系のスマートフォンは、SDカードに対応しているために、簡単に記憶容量を増やすことができたり、裏蓋を空けて個人で簡単に電池交換ができたりとユーザーにとって使いやすい仕様になっているという事もあります。また、以前よりもAndroid系のスマートフォンのクオリティが高くなってきているのも躍進の要因となっております。