日本に馴染みのあるiPhoneの進化について
iPhoneに関する豆知識をお届けしています。
日本で初めての機種

iPhoneが初めて日本に登場したのは、今から12年前の2008年の7月11日の事でした。発売されたモデルは「iPhone 3G」で、初代iPhoneがアメリカで登場してから1年後の事でした。iPhone 3Gは、日本ではsoftbankでのみ販売された事もあり、docomoやauからsoftbankに乗り換える方が大勢いました。当時の携帯電話会社は、今のように3強ではなく、docomoとauの2強で、softbankの携帯電話を使っていると下に見られるような風潮すらあった時代でした。softbankがiPhoneと契約したことによって、docomoとauとの差が一気になくなり、現在の3強になりました。

iPhone 3GではApp Storeが導入され、アプリを追加することができるようになったり、パソコンがなくともインターネットでWebサイトを閲覧できたりと、非常に画期的なモデルでした。しかし、今のiPhoneのように、iPhone自体で完結するほどのスペックはなく、パソコンのサブマシンとしての位置づけとなっており、一般ユーザーへの浸透はもう少し後のことになりました。それでも、従来のフィーチャー・フォンやスマートフォンとは違ったベクトルから生まれたガジェットという事もあり、多くの方から注目を集めた革命的なモデルであったことは間違いありません。